/

マルハニチロ、サンマ缶30円値上げ 記録的な不漁で

マルハニチロは20日、サンマの缶詰を4月1日納品分から値上げすると発表した。対象は「さんま蒲焼」など4品で参考小売価格をそれぞれ1缶30円引き上げる。サンマの記録的な不漁を受け、調達価格が高止まりしている。生産コストを吸収するため、2年連続の値上げを決めた。

マルハニチロの「さんま蒲焼」

「さんま蒲焼」「機能性表示食品 減塩さんま塩焼N」「さんま塩焼」の小売価格を税別230円から260円にするほか、3缶セットの「さんま蒲焼3缶シュリンク」も690円から780円に引き上げる。

同社は2020年4月に1缶10円の値上げを実施したばかりで、2年連続の値上げとなる。「サンマは記録的な不漁になった19年よりも水揚げ量は減っており、調達コストを転嫁せざるを得ない」(同社)という。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン