/

この記事は会員限定です

ドコモ、ケーブルつまむだけで通信エリア構築のアンテナ

[有料会員限定]

NTTドコモは20日、電波を伝えるケーブルをプラスチックでつまむことで周辺に通信エリアを構築できるアンテナを世界で初めて開発したと発表した。高速通信規格「5G」や次世代の通信規格「6G」の通信エリアを広げていくのに有効なツールとして実用化を目指す。

5G以降の世代で利用される高い周波数の電波は直進性が強く、周りを障害物で囲まれている場所などに電波を届けて通信エリアにすることが課題となる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り186文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン