/

この記事は会員限定です

ソニー、吉田流キャッシュ術 「ゲームの谷間」埋める

ビッグBiz解剖(下)

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ソニーが事業構造の転換とともに見直した経営目標により、あるジンクスを覆そうとしている。

「新型ゲーム機を出した年は収益が落ち込む」。従来機が売れなくなり、新型機の開発コストがかさむ移行期間の発売初年度はぐっとこらえ、ソフト販売も含めて後から果実を刈り取るのがゲーム業界では一般的とされる。ソニーは新型の家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)5」を出した2021年3月期にこの常識を超えようとしている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2142文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン