/

この記事は会員限定です

フィリップス、HUグループと協業 デジタル病理診断で

[有料会員限定]

フィリップス・ジャパン(東京・港)は20日、がんなどの病変画像をデジタル化して遠隔地から専門医が診断を支援する仕組みで、臨床検査大手のH.U.グループホールディングスと協業していく考えを示した。「デジタル病理診断」と呼ばれ、フィリップスが2017年12月に日本で承認を取得した専用装置を使う。診断の効率化で専門医の不足を補う。

同日開催した21年の事業戦略説明会で、フィリップス・ジャパンの堤浩幸社長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン