/

この記事は会員限定です

LiDAR技術、ARアプリにも iPhone搭載契機に

建設現場やSNSで活用広がる

[有料会員限定]

光の反射を利用して物体との距離を測る技術「LiDAR(ライダー)」を使ったAR(拡張現実)アプリが相次ぎ登場している。自動運転でも使われる先端技術で、米アップルが最新の「iPhone(アイフォーン)」にLiDARのセンサーを搭載し、建設やSNS(交流サイト)で活用が広がっている。

「膨大な確認作業を効率化できた」――。ソフトウエア会社のエム・ソフト(東京・台東)は2月、ARを用いた建設現場の施工管...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1368文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン