/

ユニアデックスが「テレワーク診断」サービス

日本ユニシスの子会社でシステム構築を手掛けるユニアデックス(東京・江東)は20日、テレワークの成熟度を判定する「テレワーク診断」を提供すると発表した。企業は自社のテレワーク環境が他社と比べてどの程度の水準であるかを把握できる。「在宅勤務向けのシステムは導入したが、使い勝手がよくない」「どのようにテレワーク環境を改善すればよいのか分からない」といった悩みを抱える企業を対象とする。診断料は無料。ユニアデックスは診断結果を報告する際に、次に打つべき施策を提案してビジネス獲得につなげたい考えだ。

合計35個の質問項目についてヒアリング調査して診断する。組織風土や社内の制度、セキュリティーなど7つの観点からテレワーク環境を調査し、5段階で成熟度を示す。(矢口竜太郎)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン