/

富士フイルム、iPS細胞でノロウイルス増殖 薬開発支援

ノロウイルスの増殖に使ったiPS細胞由来の腸管上皮細胞

富士フイルムは20日、iPS細胞由来の腸管上皮細胞を使ってヒトノロウイルスを増殖させることに成功したと発表した。ノロウイルスは体外で増殖させるのが難しく、ノロウイルス感染症は有効な治療薬やワクチンが無い。富士フイルムは製薬企業などに細胞を提供し、薬やワクチンの研究開発を後押しする。

富士フイルムの米子会社がiPS細胞の作製技術の特許を持ち、医薬品候補物質の安全性や有効性を試験するためのiPS細胞を外販している。iPS細胞からつくった腸管上皮細胞を使い、ノロウイルス増殖に関する研究を実施した。

研究では国内で確認された6種類の遺伝子型のノロウイルスをiPS細胞由来の腸管上皮細胞に感染させ、5日間培養した。5日目にはウイルスのRNA(リボ核酸)の数が初日の3~164倍になったという。

ノロウイルスは手指や食品などを介して感染し、腸管で増殖することで、嘔吐や下痢、腹痛などを引き起こす。国内の食中毒のうちノロウイルスを原因とするものの発生頻度が最も高く、海外でも発展途上国を中心に同ウイルスによる食中毒が多く発生している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン