/

この記事は会員限定です

三菱商事、位置情報データ新興に出資 スマートシティに活用

(更新) [有料会員限定]

三菱商事は都市開発で位置情報データの活用を始める。マーケティング支援を手掛けるunerry(ウネリー、東京・千代田)と資本業務提携した。まずインドネシアで現地の不動産デベロッパーと進めるスマートシティー計画でウネリーの技術を導入する。街全体の人の流れを解析し、個人の属性に基づいて情報発信や混雑緩和策をとるなど都市サービスを向上させる。

ウネリーへの出資額や比率は非公開だが、創業関係者を除くと筆頭株主になる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り467文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン