/

この記事は会員限定です

医労連、月4万円以上の賃金改善と人員増要求 21年春季

[有料会員限定]

病院や福祉施設などの労働組合で構成する日本医療労働組合連合会(東京・台東)は20日に開いた中央委員会で、2021年の春季労使交渉の要求方針を決めた。医師や看護師、介護福祉士、医療事務職などを対象に、基本給を引き上げるベースアップ(ベア)にあたる賃金改善で月平均4万円以上を求める。

新型コロナウイルス感染症への対応の負担を減らすために、医師や看護師などの医療従事者の増員も要求する。

月4万円以上とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン