/

この記事は会員限定です

日立、生産ラインの再生エネ比率を可視化

[有料会員限定]

日立製作所は22日、建物や設備、サービスごとの再生可能エネルギーの利用量をデジタル技術で見える化するシステムを開発したと発表した。工場やオフィスビル、生産ラインやエレベーターといった細かい単位で、稼働電力の100%を再生可能エネルギーでまかなっていることを手軽に証明できる。2月1日から東京・国分寺市の研究施設で導入し、社外にも2021年度中に展開する。

消費電力の通信機能を持つスマートメーターと、データの改...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り682文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン