/

この記事は会員限定です

アマゾン、EC商品の仕分け施設 巣ごもり消費増に備え

[有料会員限定]

アマゾンジャパン(東京・目黒)は電子商取引(EC)向けの商品を仕分ける専用施設を新設した。商品を一括して登録し仕分けてから物流センターに搬入することで、配送効率の向上や遅延防止につなげる。新型コロナウイルス下でECの利用率は高まっている。政府が再発令した緊急事態宣言による巣ごもり消費の急増にも対応できるようにする。

埼玉県、千葉県、大阪府の3カ所に荷物の仕分け拠点を開設した。出店者から送られてきた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り465文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン