/

この記事は会員限定です

マルハニチロ、バイオマス発電導入 山形県の冷食工場で

[有料会員限定]

マルハニチロは冷凍食品を生産する大江工場(山形県大江町)にバイオマス発電を導入する。7億円を投じて3月までに稼働させる。発電能力は150キロワット時で、同工場の二酸化炭素(CO2)排出量を年700トン減らせるという。発電した電力や廃熱は工場内で使い、エネルギー効率を高める。

冷食を加工時に発生する野菜の切れ端や麺類の不良品などを発酵させ、発生したメタンガスを燃やして発電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り176文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン