/

東急ハンズ、池袋店を9月末閉店 主要店で初

9月末に閉店する東急ハンズ池袋店(東京都豊島区)

雑貨大手の東急ハンズは19日、池袋店(東京・豊島)を9月下旬に閉店すると発表した。主要店の営業終了は初めて。同社は新型コロナウイルス収束を見据えた既存店舗の収益改善を急いでいる。池袋店は老朽化が進んでおり、改装などをしても十分な費用対効果を得られないと判断した。今後は新宿店や渋谷店など他の主要店へ投資を集中する。

池袋店は1984年に開店。1~8階に売り場を構える。JR池袋駅から複合施設「サンシャインシティ」につながる繁華街に面しており、週末は多くの若者が訪れる人気スポットの一つ。現時点では池袋への再出店の計画はないという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン