/

この記事は会員限定です

住商、ニュージーランドで地熱発電 200億円で受注

[有料会員限定]

住友商事はニュージーランドで地熱発電所の建設を受注した。受注額は200億円超とみられる。現地の民間発電事業者から建設を請け負い、発電容量は15万キロワットとなる。同国では化石燃料を使わない再生可能エネルギーへの転換が進み、地熱発電のノウハウを生かして受注拡大を狙う。

ニュージーランド北島の中部で、大手発電事業者コンタクト・エナジーが開発する「タウハラ地熱発電所」の建設を請け負う。富士電機が地熱発電用の蒸気タービン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り398文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン