/

この記事は会員限定です

電事連会長「LNG、安定供給に必要な水準まで回復」

[有料会員限定]

大手電力で構成する電気事業連合会(電事連)の池辺和弘会長(九州電力社長)は19日の定例会見で、1月に起きた電力需給の逼迫の原因となった液化天然ガス(LNG)不足に関し「(在庫は)安定供給に必要な水準まで回復している」と述べた。気温の上昇で電力需要の伸びも一服しており、停電リスクは回避された形だ。

需給逼迫の一因として、電源構成の多くを火力発電所に依存していることが指摘されている。池辺会長は「(電源の)バラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン