/

この記事は会員限定です

株取得の経緯、証拠保全を

潜在リスクを軽減(4) 日本司法書士会連合会 和田努氏

[有料会員限定]

司法書士は事業承継をめぐり、商業登記や不動産登記など様々な業務を手掛けます。その際に多くの司法書士が直面するのが、株主名簿の問題です。売り手企業で書類や情報が整理されておらず、正しい株主や持ち株比率が確定できないケースが多々あるのです。

例えばこんなケースです。100株を持つ経営者が遺言書を残さず死亡し、2人の子どもが相続することになりました。この100株は50株ずつ分割し、法定相続するわけではあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り629文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

中小企業が事業承継を行う上で、どのような計画が必要でしょうか。 後継者探し、相続税や贈与税といった税金など、課題は少なくありません。 このコラムでは、実例や当時の経営者の考え方を踏まえながら、事業承継で失敗しないための対策について考えていきます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン