/

この記事は会員限定です

20年の新車販売、日米欧は2桁減 コロナ打撃に

中国は小幅減 EVは欧州で急拡大

[有料会員限定]

世界の4つの主要地域の2020年の新車販売台数が出そろった。新型コロナウイルス禍による販売急減で日米欧では19年比の減少率がいずれも2桁と低迷した。一方、中国は景気刺激策の効果で2%減にとどまった。欧州や中国では電気自動車(EV)の伸びも目立った。21年は各地域で前年より増加が見込まれるものの、コロナ禍や半導体不足の影響が焦点だ。

日米欧中の4地域の新車販売は世界市場の約7割を占める。欧州自動車工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン