/

東レ、ナイロン樹脂で出荷免責宣言 米寒波で原料不足

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
東レはナイロン66の出荷免責を宣言した

東レは19日、自動車のエアバッグに使うナイロン樹脂に関し、一時的に売り手への出荷義務が免責される「フォースマジュール(不可抗力)」条項を宣言していることを明らかにした。原料調達先である米国の化学メーカーが、2月の寒波の影響で出荷が不安定になっているためとしている。

3月上旬にナイロン樹脂の一種である「ナイロン66」の繊維向けで同宣言を出荷先に通知した。ナイロン66は耐摩耗性や耐熱性が高く、自動車のエンジン周辺の部品やエアバッグなどに使用されている。同樹脂は原料を主に米国からの輸入に頼っている。今回の宣言の対象はエアバッグ向けが大半。現地の原料メーカーから東レなど取引先に対して同様の宣言が出されているほか、現地の港の出荷が滞っていることも原因だとしている。東レはナイロン66で旭化成に次ぐ国内2位の生産能力を持つ。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン