/

この記事は会員限定です

電通、事業構造転換の象徴 本社ビル売却を検討

[有料会員限定]

電通グループが東京都港区の本社ビル売却を検討していることが分かった。かつて深夜残業者が多い「モーレツ職場」で有名だったが、2016年に新入社員の過労自殺が発覚したことを受け、社員の働き方改革を進めてきた。新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化とテレワークの普及をきっかけにオフィス改革に一歩進める。「広告マン」の未来の働き方を描けるか。

「最近はオンライン雑談でアイデアを出し合っています」。国内事業会社、電通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1475文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン