/

この記事は会員限定です

「通信だけでは成長できない」 携帯大手に危機感

携帯値下げ攻防戦(4)

(更新) [有料会員限定]

「ドコモに対抗するなら1980円にするしかない」。2020年12月2日の夕方、日本通信社長の福田尚久はスマートフォンでNTTドコモの新プランの料金を知った。翌日に予定していた2980円の新プランの発表を急きょ延期。料金を1000円引き下げた。

直前に変更できたのは、6年かけてドコモと交渉していた要望が20年6月に実ったからだ。ドコモからの回線貸し出し料の引き下げが決まり、値下げの原資を得た。何とか価格競争...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り765文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン