/

この記事は会員限定です

福島県南相馬市、ドローンで地方創生 ハブに新興集う

[有料会員限定]

福島県南相馬市がドローンや空飛ぶクルマなど最新技術が集まる拠点に育ちつつある。2020年3月にハブとなる同市の拠点「福島ロボットテストフィールド(RTF)」が始動してから1年がたった。スタートアップの集積も少しずつ進んでおり、東日本大震災後の地域振興の担い手としても力をつけ始めている。

「別の世界に一段とチャレンジする地域にする」。こう力説する福島県南相馬市の門馬和夫市長は、震災後に策定した復興計...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1515文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災から11年、復興・創生期間がほぼ終了した被災地。インフラ整備や原発、防災、そして地域に生きる人々の現在とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン