/

この記事は会員限定です

キユーピー、野菜の虫を電磁波で検出 AIが学習 

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

キユーピーは野菜など食品の内部についた虫を人工知能(AI)で取り除く技術開発を進めている。カット野菜など野菜についた虫は工場の製造ラインで一つ一つ目視で取り除くのが一般的で、労力も大きい。異物混入の情報はSNS(交流サイト)で瞬く間に広がるなど、経営上のリスクも高まっている。異業種とも連携し、2023年の実用化を目指す。

食品業界全体のインフラ作り

「業界全体のインフラとして、各社が共同して取り組むべき課題である」。農林水産省が20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1802文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン