/

この記事は会員限定です

青山商事が大規模リストラ 見えぬスーツの次

紳士服の「カテゴリーキラー」、遅れた企業変革

[有料会員限定]
NIKKEI MJ

紳士服専門店最大手の青山商事が、大規模リストラに着手する。コロナで在宅勤務が拡大し、主力のスーツ販売が激減。「市場は元に戻らない」(青山理社長)と判断し全店の2割を閉じる。経営のダイナミズムを取り戻すには、新しい収益源が不可欠だ。青山商事の苦悩は、独自の事業モデルで成功した企業が、時代に合わせて変わることの難しさを象徴している。

ピーク時から市場は7割減

「スーツ市場は1年で10年分縮んでしまった」

青山商事の青山理社長はそう語る。コロナ前から青山社長は、スーツ市場は10年後に最大4割減ると予想していた。だが大手銀行がスーツ着用の原則を見直すなど、服装のカジュアル化が進んだところにコロナが拡大。スーツ市場は激減した。

小島ファッションマーケティング(東京・渋谷)の推計では、2020年の国内スーツ販売は約400万着で18年から4割減った。ピーク時の1992年(1350万着)比で7割減だ。総務省の家計調査(2人以上世帯)によるとスーツへの支出額は20年(1~11月)で2608円。通年でも3000円程度とみられ、1991年(約1万9000円)の約2割に減る。

スーツ販売の減少を受けて21年3月期の青山商事の連結決算は大幅に悪化する。営業損益は128億円の赤字(前期は8億円の黒字)、最終赤字は292億円(同169億円の赤字)を見込む。

スーツ離れは05年のクールビズで顕著になり、コロナで加速した。かわって脚光を浴びるのが動きやすく機能的なビジネスカ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2975文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経MJをPC・スマホで!今なら2カ月無料

 ヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで独自に取材。「日経MJビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経MJをPC・スマホで!今なら2カ月無料

 ヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで独自に取材。「日経MJビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン