/

森永製菓、防災用に袋入り「マリー」 保存期間6年に

森永製菓は保存期間を6年に延ばした非常時用のビスケット「長期保存食マリー」を2月9日に発売する。従来の缶入り製品に比べて保存期間を1年延ばしたほか、袋入りにして非常持ち出し袋に入れてもかさばらないようにした。通常商品と変わらぬ味にし、非常時こそ普段と同じものを食べたいというニーズに応えた。

同社は非常食として賞味期間を5年にした缶入りのものを販売したことはあるが、袋に入れて販売するのは初めて。場所をとらずに保管しやすくしたほか、災害時には缶のごみが扱いにくいという声に応えたという。

内容量12枚で希望小売価格は税別300円。スーパーを中心に販売する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン