/

ホンダ、配達向けに電動三輪バイク「ジャイロ イー」

ホンダが25日に発売する電動三輪バイク「ジャイロ イー」

ホンダは18日、配達など業務用三輪バイク「ジャイロ」を電動化し発売すると発表した。法人向けに25日から販売する。ホンダが展開する他の電動バイクと共通の交換式バッテリーを搭載。新型コロナウイルスの感染拡大を機に飲食店などで宅配需要が高まっており、環境性能や利便性をアピールして売り込む。

配達現場で広く使われている業務用三輪バイクのジャイロを電動化した「ジャイロ イー」を新たに発売する。既に販売する電動バイクの「PCXエレクトリック」や「ベンリィ イー」と共通の着脱式バッテリーを2つ搭載した。1充電あたりの航続距離は約72キロメートル。交換式バッテリーのため、あらかじめ充電したバッテリーと取り換えることで充電する手間を省くことができる。

本体価格は55万円で、バッテリーや充電器は別途リース販売する。年間販売台数は1500台を計画する。ホンダは配達など業務向けバイクの電動化を進めており、ジャイロに屋根をつけた「ジャイロキャノピー」も電動化し2021年夏に発売する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン