/

この記事は会員限定です

低アレルゲン卵に白いコオロギ ゲノム編集地方に宿る

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

広島県東広島市の一角にある広島大学の鶏舎。飼育される鶏のうち約100羽はただの鶏ではない。ゲノム編集によってアレルギーの原因物質「アレルゲン」遺伝子を切り取った鶏だ。おんどりの尻から精子を採取してめんどりに人工授精。すると低アレルゲンの卵を月に60個ほど産む。

ノーベル賞技術の代替に

同大の堀内浩幸教授は、食物アレルギー問題の解決を目指し、アレルゲンの少ない卵の開発に挑んでいる。ゆで卵にしても見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1906文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン