/

ユーグレナ、JR四国バスにバイオ燃料を販売

ユーグレナは18日、JR四国バスの路線バス向けにバイオ燃料の販売を始めたと発表

ユーグレナは18日、ジェイアール四国バス(高松市)にバイオディーゼル燃料の販売を始めたと発表した。JR四国バスが高知県で運行する路線バス2台分の燃料を販売する。同社が四国地方の企業にバイオ燃料を販売するのは初めて。ユーグレナはバイオ燃料製造の商用プラントを2025年にも稼働させる予定。商用プラントの稼働に先駆けて、バイオ燃料の販路を開拓する。

バイオ燃料はミドリムシと使用済み食用油から作る。ミドリムシは成長時の光合成で二酸化炭素(CO2)を吸収するため、燃料使用時のCO2排出量を減らせる。ただし、現在は製造コストが高く、一般的な石油由来のディーゼル燃料と混合して使用する。JR四国バスが運行する「大栃線」の路線バスで使用する。

ユーグレナは、京急電鉄グループの川崎鶴見臨港バス(川崎市)や西武バス(埼玉県所沢市)などの路線バス向けにもバイオ燃料を販売している。現在、ユーグレナはバイオ燃料を実証プラントで生産しており、25年に商用プラントの稼働を目指している。本格的な生産の前に、バイオ燃料の販売先を増やしていく考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン