/

ピーチ、成田―大分、女満別線の新規就航を発表

格安航空会社(LCC)国内最大手のピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)は18日、成田―女満別、大分線をそれぞれ2021年2月に開設すると発表した。成田を発着する国内線は12路線となり関西国際空港に並ぶ。ピーチはコロナ禍にあっても国内線を積極的に拡充する方針で、東西の拠点を中心に航空インフラとしてのさらなる定着を目指す。

女満別線は21年2月10日、大分線は2月19日にそれぞれ1日1往復での就航を予定しており、18日から航空券の販売を開始した。運賃は女満別線が片道5290円、大分線が同5790円から。女満別に就航するのはLCCとしては初めて。大分線はピーチとしては成田発着で6番目の九州路線となる。

同日、千葉県成田市で記者会見したピーチの森健明最高経営責任者(CEO)は国内線での新路線の開設について「国際線で使用する機材を積極的に国内線にシフトして事業を改善しようと考えている。今回新規就航する路線はもともと今後数年のうちに就航を考えていた路線で、前倒して就航することにした」と理由を説明した。

大分などには同じANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)も就航しているが、森CEOは「(ANAのような)フルサービスキャリアとLCCではマーケットは分かれている。両輪で需要を開拓していくことが大事だ」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン