/

首都圏マンション発売戸数、2月は50.7%増 都市部で好調

「パークタワー勝どきミッド/サウス」など都市型の物件が発売戸数を増やした

不動産経済研究所が18日発表した2月の首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の新築マンションの発売戸数は前年同月比50.7%増の2243戸だった。3カ月連続の増加で、都内23区で発売された大型案件がけん引した。新型コロナウイルスの感染拡大を機に郊外物件に関心が高まっていたが、利便性の高さなどで都心部のニーズも根強いようだ。

東京23区の発売戸数は1050戸と同61.0%増だった。契約率は80.9%と好不調の分かれ目である70%を大きく上回った。都心の湾岸マンションの人気が続き、三井不動産レジデンシャルが第1期2次販売として約100戸売り出した「パークタワー勝どきミッド/サウス」(東京・中央)は全戸に申し込みが入った。

首都圏全体の契約率は76.0%と好調を維持したが、2月は都心部が全体を押し上げたのが特徴だ。大型案件が出た神奈川県は発売戸数が2.3倍となった半面、埼玉県は大きく減少した。松田忠司主任研究員は「在宅勤務が増えるなど新たなニーズが出て郊外が好調のなか、23区や神奈川県の都市部でも勢いが出ている」と指摘する。

不動産経済研究所は3月の発売戸数は2500戸と16.7%増えると見込む。土地価格や人手不足で人件費が上昇するなか、今後も都心部のマンション人気は続くのか。「ウィズコロナ」時代の働き方とともにマンション販売の動向に注目が集まる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン