/

この記事は会員限定です

ホンダの「開国派」三部次期社長、脱炭素に挑む

EV出遅れなど課題は多く

(更新) [有料会員限定]

ホンダは19日、三部敏宏専務(59)が4月1日付で社長に昇格する人事を正式発表した。八郷隆弘社長(61)から6年ぶりにトップが交代する。世界で脱炭素の流れが加速するなか、電気自動車(EV)などの事業展開でホンダは出遅れている。三部次期社長は自ら主導してきた米ゼネラル・モーターズ(GM)などとの協業拡大で巻き返しを図る。

「外部の知見の活用やアライアンス(連携)などを躊躇(ちゅうちょ)なく決断していく」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1836文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン