/

この記事は会員限定です

HDD消去を一元管理、処理大手と業界団体

総務省指針に対応

[有料会員限定]

IT機器処理大手のゲットイット(東京・中央)は2021年3月、自治体がハードディスクドライブ(HDD)を廃棄する際、庁内や外部委託先でのデータ消去履歴を一元管理できるシステムを発売する。膨大な情報機器の処理状況を個別に把握でき、総務省が定めた新しい廃棄ルールに対応しやすくする。

業界団体のデータ適正消去実行証明協議会(ADEC)と連携する。新システム「ETTMS(エトムス)」はHDDにQRコードの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り246文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン