/

ソニー、新型車載センサー開発 300㍍先まで距離測定

車の周囲の状況を把握するためのセンサーの需要が高まっている

ソニーは18日、高精度で距離を測定する新型の車載センサーを開発したと発表した。CMOS(相補性金属酸化膜半導体)画像センサーの開発で培った技術を応用し、物体に反射させて戻ってきた弱い光を検出できる技術を搭載した。最大で300メートル先にある物体までの距離を15センチメートル間隔で測定できる。自動運転向けなどに展開し、需要拡大に対応する。

光を反射させて戻ってくるまでの時間から距離を測定する「ToF」技術を使った新型センサーを開発した。自動運転の「目」となる高性能センサー「LiDAR(ライダー)」に搭載し、道路状況や物体の位置・形状を把握できる。ソニーは新型センサーをライダーを開発するメーカーに対して販売する方針だ。2022年までの商品化をめざす。

ソニーは車載センサーに2つのチップを一体化させる技術を応用している

ソニーは「積層型」と呼ばれる小型で高機能なCMOS画像センサーを開発し、スマホ向けに展開してきた。産業向けにもこうした技術を応用し、新製品の開発を進めている。このほど開発したToFセンサーは銅の端子でつなぐ技術を使い、弱い光を検出できる画素チップと読み出し回路を一体化させた。小型化やコスト削減につなげる狙いだ。

ソニーの画像センサー事業はスマホ向けが大半を占めている。ただ米中ハイテク摩擦で華為技術(ファーウェイ)との取引が落ち込む中、車載や産業用途など向けの事業拡大が課題になっている。画像を読み取るのではなくセンサーとして使う「センシング」向けの売上高は19年度に4%にとどまっていた。ソニーはこの比率を25年度までに30%まで高めたい考えだ。(清水孝輔)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン