/

定額新車リースのナイル、50億円調達 実店舗と連携強化

個人向け新車リースのナイル(東京・品川)は18日、約37億円の第三者割当増資と金融機関との融資契約で総額50億円超の資金調達を実施したと発表した。同社の定額リースはすべてオンラインで手続きができ、新型コロナウイルス下の非接触のニーズが追い風だ。調達した資金は採用やマーケティングなどに充て、自動車の整備工場や販売店との連携も強化する。実店舗のデジタル対応も支援する方針だ。

ナイルのオンラインで完結するカーリースはコロナ下で需要が増えている

増資を引き受けたのは、ドリームインキュベータ子会社のDIMENSION(東京・千代田)や産業革新投資機構(JIC)系のファンド、博報堂DYメディアパートナーズなどのベンチャーキャピタル(VC)や事業会社と個人投資家。ナイルは複数の金融機関とは、合計で13億円を上限に借り入れできる契約を結んだ。

ナイルの新車リース「定額カルモくん」は実店舗を持たずオンラインや電話で契約が完結するのが特徴で、利用者は国内メーカーの新車を対象に月1万円台からの低価格で使うことができる。2018年にサービスを始め、これまでに4万5000件の申し込みを受けた。特にコロナ下で公共交通を使わず、同じ車で気軽に移動したいという需要を取り込んでいる。

今回の調達資金では、一段と知名度を高めるためのウェブマーケティングや顧客対応のスタッフの採用、実店舗との提携にも生かす。M&A(合併・買収)も積極的に検討するとしており、人の移動にかかわるモビリティー事業など定額リースとの相乗効果が見込める企業が対象になる見通しだ。

ナイルは19年にはトヨタ自動車などが出資し、スパークス・グループが運営する未来創生ファンドなどから約15億円を調達している。今回を含めて、第三者割当増資による調達額は累計で55億7000万円に達した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン