/

この記事は会員限定です

規格外の果物でパン、フードロス削減 デイブレイクなど

[有料会員限定]

特殊冷凍事業のデイブレイク(東京・品川)とフードシェアリング事業のコークッキング(東京・港)は、パン製造のレアールパスコベーカリーズ(東京・目黒)運営のパン店「PAUL(ポール)」と連携し、規格外の果物を使ったメニューを通年で開発・販売する。廃棄される果物を年2.5トン使ってフードロス削減につなげることで消費者にブランドをアピールする。

3者による企画名は「フルーツレスキュー2021」。第1弾とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り515文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン