/

この記事は会員限定です

AIで細胞識別瞬時に CYBOが6千万円調達

[有料会員限定]

細胞解析のCYBO(サイボ、東京・千代田)は、第三者割当増資で6千万円の資金を調達した。ベンチャーキャピタル(VC)のインキュベイトファンド(東京・港)が引き受けた。調達した資金は研究開発体制の強化や最高執行責任者(COO)など経営幹部の人材採用にあてる。

CYBOは2018年に創業した東大発スタートアップ。新田尚社長はソニーなどで細胞分析の技術開発に携わった経験を持つ。共同創業者で技術アドバイザーの合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り208文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン