/

ソフトバンク、新プラン「ラインモ」 通話抜き2480円に

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

ソフトバンクは18日、オンライン手続き専用の新プランの名称を「LINEMO(ラインモ)」とし、3月17日に始めると発表した。データ容量は20ギガ(ギガは10億)バイトで月2980円(税抜き)と公表していたが、無料通話分を切り分けて2480円に変更する。競合のKDDIと条件を並べ、顧客の流出を防ぐ。

18日にオンラインで説明会を開いた。ソフトバンクは2020年12月の発表時点では名称を「SoftBank on LINE(仮称)」とし、1回5分以内の通話かけ放題を基本料金に含み、NTTドコモの「アハモ」と同額の2980円に設定していた。しかし21年1月にKDDIが無料通話分を含まない2480円の「ポヴォ」を公表。ソフトバンクがKDDIに追随した形だ。

ソフトバンクとKDDIは1回5分以内の通話かけ放題について月500円のオプションとして用意し、通話条件を含めると大手3社は横並びとなる。ソフトバンクはSNSアプリ「LINE」のトークや通話、月240円かかるLINEのクリエイターズスタンプの使い放題を無料とすることで他社と差異化を図る。寺尾洋幸常務執行役員は「12月の公表後、『LINEが使い放題なら無料通話分の料金は不要だ』という声があった」と見直しの経緯を説明。「月間利用者が8600万人いるLINEとのシナジーを最大化する」と強調した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン