/

この記事は会員限定です

NTTドコモ、5Gを1000円値下げ 容量も無制限に

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

NTTドコモは携帯電話料金のデータ大容量プランを値下げする方向で最終調整に入った。2021年4月から、次世代通信規格「5G」の料金を月額6650円(各種割引適用前)と1千円引き下げる。データ容量も現行の100ギガ(ギガは10億)バイトから無制限にする。KDDIやソフトバンクも主力ブランドで追随すれば、値下げ競争が本格化する。

菅義偉政権は携帯大手に主力ブランドの値下げを強く求めており、既存の大容量プランの値下げが明らかになるのは大手で初めて。ドコモは18日にも詳細を発表する。

現在の大容量プランは5Gが7650円(100ギガバイト)、4Gが7150円(30ギガバイト)の固定料金で提供している。新料金では4Gも6550円と600円引き下げ、データ容量も60ギガバイトと倍増する。データ利用量が少なかった月は自動的に割り引くサービスも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り289文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン