/

この記事は会員限定です

ソニー、AIの倫理を審査 差別や乱用回避

【イブニングスクープ】

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ソニーは2021年春にも人工知能(AI)を使う全ての製品について倫理面での安全性を審査する。不適切と判断された製品は基準に合うよう改善したり開発を止めたりする。AIは利便性が高い半面、動作の判断基準が不透明で意図せぬ差別などの問題を引き起こす場合もある。AI製品の普及で開発者の責任が増しており企業も対策を強める。

AIを巡っては差別や軍事利用の恐れが指摘されている。19年には米アップルが始めた新しいクレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り903文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン