/

この記事は会員限定です

データ記憶装置、SSDがHDD上回る 20年の出荷台数

MacやPS5に搭載

[有料会員限定]

パソコンなどに使うデータの記憶装置で主役交代が起きた。半導体素子を使うソリッド・ステート・ドライブ(SSD)の出荷台数が2020年、磁気を使うハードディスクドライブ(HDD)を初めて逆転した。半導体技術の進歩で価格が下がり、新型のパソコンやゲーム機で採用が広がる。21年以降もSSDがHDDを上回る見通しだ。

調査会社のテクノ・システム・リサーチ(東京・千代田)によると、SSDの世界出荷台数は20年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1079文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン