/

NEC、AI人材1800人を5年で倍増へ 争奪戦見据え

NECはAI人材を1000人に増やす計画だったが、既に1800人に達したため社内からの転身を中心に5年後には倍以上に増やす

NECは17日に開いた人工知能(AI)人材の育成に関する取り組みの説明会で、自社のAI人材1800人を5年後に倍増させる方針を明らかにした。業界全体で獲得競争が激化するなか、社内のAI人材の教育を急ぐ。

NECは2020年に社内人材の育成や外部からの採用で、AI人材を1000人に増やす計画だった。現時点で1800人に達したため、社内からの転身を中心に5年後には倍以上に増やす。

NECはこれまで蓄積した人材育成のノウハウを生かし、学生や外部企業の社員らを対象にした「NEC アカデミー for AI」を19年に開講し、各プログラムを提供している。

国内でAIの専門知識を持つ人材は不足しており、政府は年100万人の社会人に一定以上のAI知識を習得させる機会を提供することなどを目標としている。NECは社内人材の教育と併せて、AI教育に対する社会全体の需要の増加を取り込む。(水口二季)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン