/

この記事は会員限定です

ブリヂストンCEO「非タイヤ、売上高6割減に」本業集中

(更新) [有料会員限定]

ブリヂストンの石橋秀一最高経営責任者(CEO)は17日、自動車部品や建材など非タイヤ事業の売上高を「2023年に19年比で6割減らす」と語った。赤字の製品も多く、売却や撤退などで本業のタイヤ関連事業に経営資源を集中する。同社は世界の生産拠点の約4割を削減する方針で、不採算の非タイヤ事業などが対象になるもよう。タイヤについても汎用品の販売を日米欧で減らし、中韓勢などとの価格競争からの脱却を急ぐ。

石橋CEOが日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1248文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン