/

この記事は会員限定です

東電、柏崎刈羽原発再稼働に募る不信、相次ぐ不祥事で 

利益改善1000億円 再建に不可欠

[有料会員限定]

東京電力ホールディングス(HD)が目指す柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)の再稼働を巡って地元が不信感を募らせている。社員の不正入室など不祥事が相次いでいるためだ。再稼働すれば1基当たり年約1000億円の利益改善効果があるとされ、同原発の運転再開は東電の経営再建に欠かせない。信頼回復に向けた取り組みが急務になっている。

「このような重大な事案を発生させたことを大変重く受け止めている」。10日、衆院予算委員会に出席した東電HD...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン