/

この記事は会員限定です

極ゼロ、「第三」認められず サッポロ社長「残念」

[有料会員限定]

サッポロビールのビール系飲料「極ゼロ」がビールや発泡酒より税率の低い第三のビールにあたるかが争われた訴訟で、第三のビールにあたると主張したサッポロ側の敗訴が確定したことについて、同社は17日に「主張が受け入れられず残念だ」との高島英也社長のコメントを発表した。

最高裁は15日付でサッポロの上告を受理しない決定をした。これにより、第三のビールに当たらないとしてサッポロ側の請求を棄却した一、二審判決が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り236文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン