/

この記事は会員限定です

生鮮ネットスーパーに高級感を 多様な品ぞろえで勝負

@EDGE フーディソン・山本徹代表

[有料会員限定]

「生鮮流通の新たなインフラをつくりたい」。生鮮の電子商取引(EC)を手がけるフーディソン(東京・中央)の山本徹代表は話す。8月に生鮮食品のネットスーパー「perrot(ペロット)」の本格展開を始めた。カワハギのお造りやアンコウ鍋……。大量に仕入れ安価に売る実店舗では取り扱いにくい商品がサイトに並ぶ。

北海道大の学生だった頃、飲食店の経営者に「これからの時代は個人の力が問われる」と言われ起業を志した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン