/

この記事は会員限定です

回路基板のエレファンテック、名古屋で4月に量産開始

[有料会員限定]

電子回路のプリント基板を製造するスタートアップのエレファンテック(東京・中央)は17日に記者会見を開き、名古屋市の生産拠点で4月に量産を始めると発表した。三井化学の工場内の施設で、セイコーエプソンのインクジェット技術を用いてプリント基板をつくる。まずカメラや通信機器向けの製品を出荷する。

量産拠点の名称は「AMC名古屋」で、延べ床面積は2600平方メートル。投資額は追加投資も含めて最大14億円になる見込み。量産に向け20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り711文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン