/

AIで交通量調査 ゼンリン系、車のナンバー情報も解析 

Will Smartが提供する映像解析サービスのイメージ。AIで通行中の車両の車種やナンバーを分析する

ゼンリン傘下で企業のデジタル化支援を手がけるWill Smart(ウィル・スマート、東京・江東)は人工知能(AI)で通行中の車の映像を解析し、交通量を計測するサービスを発売した。渋滞の解消を目的とした行政の交通調査や、企業の店舗出店計画のための調査での利用を想定する。作業をAIに任せることで必要な人手を削減し、ナンバープレートも解析するなど精度も高めたという。

調査対象の道路を撮影した映像を同社に渡し、画像認識AIを使って車の台数を分析する。一般車やバス、トラックなどの車両の区別にも対応した。ナンバープレートの解析により、レンタカーの割合や車がどのエリアから来ているのかといった詳細なデータも測定できる。

従来の交通調査は現地で交通量をカウントしたり、録画した映像を目視で分析したりする人員を必要としていた。ミスが発生する可能性や、精度が不明確であるといった課題を抱えていたという。人手をかけずに高精度な調査ができるとして売り込む。

自治体の交通調査を依頼された建設コンサルタントや調査会社による利用を見込む。民間企業のマーケティングのための利用も想定している。撮影した道路の車線の数や、混雑具合に応じて料金を設定した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン