/

この記事は会員限定です

春季交渉、イオン系は要求額下回る 集中回答ドキュメント

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新しい賃金水準や働き方を決める2021年の春季労使交渉が17日、集中回答日を迎えた。今回は新型コロナウイルスにより事業環境の先行き不透明感が強いなかでの異例の交渉となった。ギリギリまで交渉を続けた労使がどのような答えを導き出すのか。注目の1日を追う。

■~22時

イオン子会社のイオンリテールは正社員について月額5566円相当(1.87%)の賃金引き上げで労働組合と妥結した。組合側は9614円(3....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2935文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン