/

この記事は会員限定です

デジタル畜産で生産性3割増 プリマハム、AIが飼料提案

[有料会員限定]

センサーや映像解析などのデジタル技術を使った「スマート畜産」が広がっている。食肉大手のプリマハムは豚の成長をカメラで自動識別し、飼料の最適な配合ができるシステムを導入する。牛の体内にカプセルを入れ体調を管理する新興企業も現れた。他産業と比べて重い従業員の負担軽減やコスト削減につなげ、海外産に対抗する競争力をつける狙いだ。

豚の健康状態・気温にあわせ配合

プリマハム傘下の太平洋ブリーディング(東京・品川)は2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン