/

この記事は会員限定です

三井物産など、中国で外食向けシステム

[有料会員限定]

三井物産は企業間取引システムのインフォマートと中国で飲食店向け受発注システム事業を始める。中国のスタートアップ、北京博君優選網絡科技(ボージュン、北京市)と3月中に資本業務提携する。食の安心・安全を保つ仕組みなど日本のノウハウを提供し、人工知能(AI)など新技術を取り入れた事業を共同開発する。

三井物産とインフォマートが50%ずつ出資する特別目的会社を通じて、ボージュンに30%出資する。出資額は数億円のもよう。インフォ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り441文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン