/

この記事は会員限定です

クロステック、100億円ファンド ミドル期投資しやすく

「2号」組成  投資に厚み

[有料会員限定]

IT(情報技術)関連の新興企業に投資するクロステックベンチャーズ(東京・中央)は、新規ファンドを立ち上げた。すでに53億円を集め、2021年内をめどに100億円程度にする計画だ。1号ファンド(52億円)のほぼ倍を運用し、1社あたりの投資額に厚みを持たせる。成長期に入った「ミドルステージ」の企業への追加投資や、リード投資をしやすくする。

創業直後から立ち上げ初期の段階にある企業を中心に、1社あたり1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り775文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン